ライブスケジュール


6月18日(SUN)

尺八×クラシックギター

無限の無間な夢幻の響き

 

【LUNCH】*季節のコース料理

   開場 11:15

 お料理スタート 11:30

 演奏スタート 13:00~13:45

 料金 ¥4,320(税込/お1人様)

 

【CAFE】*選べるカフェメニュー

 開場 15:30

 演奏スタート 16:00~16:45

 料金 ¥3,000(税込/お1人様)

尺八 松本 太郎

クラシックギター 金谷 幸三

 

松本 太郎

1989年、竹保流のライリー・リー師に師事。同師の導きで、オーストラリアに留 学。グリフィス大学に在学中、偶然耳にした海童道祖の録音に感銘を受け、尺八演奏家を志す。1997年よ り、琴古流の石川利光師に師事。虚無僧本曲、古典三曲、現代曲、蘭童曲を学ぶ。後に、琴古流鈴慕会の 手法を米村鈴笙師に学ぶ。虚無僧本曲をベースに、ジャズ、三曲、現代音楽ほか、各種コラボレーショ ン、芝居の音楽やオペラの演奏等、国内外で、多彩な活動を続けている。尺八の普及、伝承の為、奈良に 尺八教室を構え、後進の指導にあたる。
 

金谷 幸三

10歳よりクラシックギターを小林勝夫、岡本一郎両氏に師事。パリ国立高等音楽院、パリ国際音楽大学ギター科にてそれぞれアレキサンドル・ラゴヤ、ミシェル・サダノフスキー両氏のもとで研鑚を積む。シャントレル国際ギターコンクール優勝、東京国際コンクール邦人最高位など国際コンクールにおいてもその実力が評価されている。通常のギターのほか特殊な11弦ギターを用い、さらに多彩な「響き」を開拓しそれを表現、本格派ギタリストとして関西を中心に精力的に演奏活動を行っている。全編11弦演奏によるCD「≠Forlorne Hope」がレコード芸術誌・準特撰盤に選ばれるなど高い評価を得る一方、新しいスタイルとして駅前でのストリート・ライブを行うといった既存のクラシック界の常識にとらわれない自由な行動によっても注目されている。ギター教室「エスカルゴなギター」を主宰。



6月18日(SUN)

津軽三味線ライブ

昨年大盛況だった、津軽三味線はたこうじ氏のライブ。

間近で聞く津軽三味線は大迫力!!!

津軽民謡から、誰もが知ってるあの曲まで…。

老若男女、ご家族でも楽しんでいただけるライブです。

 

【DINNER】

   開場 17:00

 演奏スタート 19:00~19:45

 ラストオーダー 20:30

 料金 ¥3,000(税込/お1人様)*アラカルト(チケット制)

    (フード&ドリンクチケット3枚付)

 

はたこうじ

京都市伏見出身。

Blues、Irish 音楽と伏見の酒をこよなく愛する津軽三味線奏者。

バンドでのエレキギター、アコースティックギター弾語りを経た後、津軽三味線に転向。 藤元辰也師に師事。

2010年より演奏活動開始。京都を中心に様々な寺社仏閣、イベント、酒場などで活動中。

伝統的な津軽民謡のほか、得意とするアイルランド民謡の津軽三味線アレンジは、思わず踊りたくなるノリのよさ。